航空会社によってサービス内容はさまざま

- 航空会社によってサービス内容はさまざま

航空会社によってサービス内容はさまざま

株主優待は企業がその会社の株主に対して受け取ることができるさまざまな優遇サービスです。
その内容は会社によっていろいろで、取り扱う商品や製品、割引券などが主なものです。

株主でなくてもOK

航空会社の株主優待の主なものは、飛行機運賃が割引になる株主優待券です。
会社によってルールは異なりますが、だいたい優待券1枚につき50パーセントが割引されるケースが多いようです。
「でも私は株主じゃないからそんな話は関係ない」と思っている人も少なくないかと思いますが、実は株主でなくても株主優待券は手に入りますし、それを利用すれば運賃の割引をはじめとするさまざまなサービスが受けられるのです。
もちろん詐欺や不正、インチキなものでなく、正当な方法として多くの人が利用しています。


金券ショップへGO!

入手するのは金券ショップです。
多くの金券ショップが航空会社の株主優待券を扱っているので、ぜひ飛行機の利用の機会のある人は探してみてください。
国内の航空会社なら主にJALとANAが優待券を発行していて、どちらも国内線のみの片道1区間が優待券1枚で50パーセントオフで利用できます。
他にもスターフライヤーが1枚で50パーセントオフ、エアドゥとソラシドエアが1枚25パーセントの割引で2枚まで使用ができるので2枚使えば50パーセントの割引となります。
この優待券の大きなメリットは予約変更や払い戻しが無料でできるという点です。
取り消しの際には手数料が掛かりますが、空席さえあれば出発当日でも半額で乗れるというわけです。
航空会社によって金券ショップの取り扱い価格が異なります。
最近ではANAのほうがJALよりも安く買えたり、遠距離のローカル線のほうが割引率が高い効果を発揮するといったこともあるので、そういった点に注意しながら利用するとさらにお得になります。
ただ、新千歳や福岡、那覇といったLCCの競合する路線などでは必ずしも優待券のほうがお得になるとは限らないこともあるので、事前にいろいろと比較するといいでしょう。

  « 前の記事: を読む