安く飛行機に乗る方法

- 安く飛行機に乗る方法

安く飛行機に乗る方法

出張や旅行で飛行機を利用する機会もぐんと増えてきています。
だから、航空券はできるだけ安く手に入れたいものですよね。

安く飛行機に乗る方法

安く航空券を利用する方法として、出張パックやビジネスパックといったトラベルパック型の個人商品や航空会社の早割などの割引運賃を利用するのが行く知られています。
最近はLCCといった格安航空会社も多く、これらはすべて一般に購入する普通運賃よりも安く利用できるのは確かです。
しかし変更が不可なので予定が確定しなければ購入できませんし、予定が変更になった場合にはキャンセル料などが却って高くつくこともあります。
早割は特に90日、75日などかなり事前からの予約が求められます。
さらに、お盆や年末年始、連休期間などの繁忙期のトラベルパックは値段が大幅にアップしてメリットがなくなってしまいます。
そんなとき航空会社の株式優待券を利用すれば、お得で便利に飛行機に乗れるのです。


株主優待券にはメリットがいっぱい

株主優待とは企業が自社の株を所有する株主に与える優待制度で、その内容は企業によって異なりますが会社が扱う商品や製品であったり割引券、サービス券などさまざまです。
航空会社の株主優待には、国内の一定区間の片道運賃が半額になるというものが多くあります。
ANAやJAL、スターフライヤーがそうです。
そして、安く飛行機に乗れるというだけでなく、その他にもメリットがあります。
まず、予約便の変更や取り消しが自由にできることと、それに関する手数料は発生しても取消料は不要であることが挙げられます。
次に、一旦発券した後に予約を取り消してもそれから90日以内なら再度予約が可能です。
また、年末やお盆などの繁忙期などに係わらず、いつでも50パーセントの割引を受けることができるといった点です。
株主優待券は株主でなくても利用できる点も大きなメリットといえます。
ただその場合は金券ショップなどで購入するのですが、その際にはデメリットも発生します。
たとえば、ネットで購入する際には手間が掛かることや急な入用の場合は間に合わないかもしれないという点がありますし、有効期限を過ぎれば使えなくなります。
さらに、ネットで購入する優待券は相場制のために価格が一定ではないという点も挙げられます。
しかしこのような点をしっかり考慮して対応すれば、優待券の利用は普通運賃よりもはるかに安価に利用できるのです。

  « 前の記事: を読む